診療時間

逆流性食道炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 胸焼けがする
  • 喉の奥に酸っぱいものが上がってくる
  • げっぷがよく出る
  • 胃もたれする
  • のどがイガイガする

逆流性食道炎の原因|福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

逆流性食道炎とは、胃の中の胃酸が食道に逆流することで上記のような不快な症状が現れていて、食道が炎症を起こしている状態のことです。逆流性食道炎といえば、以前は高齢の方に多い病気というイメージでしたが、最近では若い方にもみられます。胃酸が逆流し、食道が胃酸にさらされる食道炎の状態が続くと、他の病気になる恐れもあります。

食べ物を飲み込みづらくなる食道狭窄や食道の内側の粘膜がただれる潰瘍などがそれにあたります。胃と違って食道の粘膜は胃酸からの防御機能が弱く、胃酸が食道に逆流すると炎症を起こしてしまいます。心配な症状があれば病院を受診し、適切な診察・検査を受けるようにしてください。

逆流性食道炎の原因としては、食生活の欧米化などがあげられています。

脂肪分の多い食事は、消化するために胃酸過多になり、逆流性食道炎を起こりやすくなります。また、胃酸の逆流を防いでいる括約筋の働きが弱くなったり、腹圧がかかりやすい姿勢を取ったりしていると、胃酸が食道に逆流しやすくなります。括約筋の働きが弱くなる原因には、加齢や暴飲暴食などがあります。腹圧がかかる原因としては、肥満や便秘があります。

実は重要なのは姿勢|福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

加齢は誰にでもおこることなので理解しやすいと思います。

しかし、姿勢と逆流性食道炎は結びつかない方もいらっしゃるのではないでしょうか。姿勢が悪い状態が続くと腹圧がかかることで胃酸が食道に逆流しやすくなります。食事を摂った直後に横になることも胃酸を逆流させる原因になります。

姿勢が悪いことは、他の内臓や筋肉・骨格などにも影響を与えてしまいます。ですから、日頃から良い姿勢を心掛けることは身体にとって、とても大切なことなのです。

逆流性食道炎の対処法|福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

病院では、まず胃カメラ検査を行い、生活習慣の指導や内服治療が行われます。

生活習慣の指導としては、脂肪の多い食物や刺激物・過度の飲酒を控えることや抱えているストレスの軽減、処方される薬には制酸剤・胃粘膜保護剤などがあります。

当院の逆流性食道炎の施術|福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

逆流性食道炎で来院される方の中には、症状から満足できる生活の質が保てなくなっている方もいらっしゃいます。まずは、お話をよく聞き、生活習慣で改善できる点はないか一緒に考えていきます。

体重を落とすことで内臓への負担を減らすことができるので、自宅でできる運動なども提案させていただきます。

また、当院では、良い姿勢が無理なく保てるように骨格のバランスを整える施術を心掛けています。

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】 0926271053
  • LINE

診療時間

住所
〒812-0041
福岡県福岡市博多区吉塚2-3-4
リファレンス吉塚1F
アクセス
吉塚駅から徒歩5分