ゼロスポ鍼灸・整骨院の半月板損傷施術

  • 吉塚
  • 0926271053
  • LINE
  • 美野島
  • 0924746505
  • LINE
  • 赤坂けやき通り
  • 0927526363
  • LINE
  • 別府
  • 0928223132
  • LINE

半月板損傷

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝が曲がらない・曲げようとすると痛い
  • 階段の登り下りで膝が痛い
  • 膝を曲げ伸ばしする時に引っかかり感がある
  • 歩き方が変だと言われた事がある
  • 運動後、膝に違和感がでる・膝に力が入りにくくなる

半月板損傷とは?|福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

膝関節のスポーツ外傷の中で最も多い外傷の一つで、半月板が、外部からの衝撃や圧力などにより損傷を受けた状態の事をいいます。交通事故やスポーツで強い力が加わったときや、膝を捻ったり、無理な動きをして膝関節本来の可動域を超えて力が加わると起こります。また、明らかな外傷がなくても半月板が損傷してしまうことがあります。

加齢により半月板が劣化してしまい、変性した半月板に力が加わったときに半月板が損傷します。それ以外でも半月板が三日月形ではなく、半月や満月のように円い形の『円盤状半月板』という生まれつきの形の問題があります。先天的に半月板が幅広く分厚いため膝関節の中で引っかかりやすく、半月板を損傷する人もいます。そのような場合は、小児でも半月板損傷を起こしやすいです。

半月板損傷の原因|福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

半月板の損傷は大きく分けて2つに分かれ、外傷型と慢性型の2つがあります。

外傷型では主にスポーツ中に働いた外力で半月板を損傷します。サッカー・バスケット・バレーボール・ハンドボールなど着地が多いスポーツで、ジャンプした後の着地の仕方に問題があったり、サッカー・バスケなどで急な切り返しの動きをしたり、柔道・ラグビーなどコンタクトスポーツで踏ん張ったりすると、半月板を損傷することが多いです。

スポーツ以外では、転倒したときに足を踏ん張ったり、足を階段などの段差に引っ掛けてしまったときなどに起こります。

高齢者ではささいな怪我、日常生活動作での膝へのストレスが加わって損傷することがあります。

【半月板損傷を起こしやすい人の特徴】

✔︎柔軟性の欠如

✔︎筋力の低下

✔︎筋肉量のアンバランス

✔︎オーバーワークによる筋疲労

半月板損傷を放っておくとどうなる?|福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

ロッキング症状(激しい痛みとともに膝が動かなくなってしまう)や、膝崩れ(力が抜けて膝がガクッと抜け落ちるような現象)を放っておくと、歩けなくなるほどの膝の痛みがでて、歩行が困難になることもあります。

表面が滑らかな半月板が損傷によって凹凸ができたり、半月板が削れてめくれたり、大きく動いたりするので、半月板周囲の関節内組織とぶつかりやすくなります。半月板自体の損傷も次第に大きくなり、繰り返し炎症が起こる事で膝関節に水が溜まりやすくなります。

半月板は膝関節のクッションの役割をしているので、一度半月板に傷が入ると再生力が弱くなり引っかかりが強くなるので、膝関節内での炎症を繰り返しやすくなり、関節内軟骨の減少により膝の変形をきたしやすくなり、何度も症状を繰り返しやすくなります。 

特に手術で半月板を切除した場合は、関節内軟骨の再生はないため、変形性膝関節症になるリスクは大きくなります。

【半月板損傷に対する治療法は?】

半月板損傷に対する治療法は、基本的には保存療法(リハビリ)で行われることが多いです。

例えば、整形外科などの病院では、安静指導や、湿布薬の処方、痛み止めの処方で終わる ことが多く、運動の復帰や、元の痛みのない日常生活に戻るための治療や、リハビリを受けれる施設が少ないのが現状です。

そのため、十分な治療を受けられずスポーツ復帰が遅れてしまったり、きちんとした治療やリハビリを受けないまま復帰をしてしまい、悪化してしまったりします。

逆に安静期間が長過ぎると、筋力は低下してスポーツのパフォーマンスの低下に繋がったりもします。

また、膝の治療を行ってくれる病院でも、患部以外の状態確認をして、根本から治療してくれる病院は少なく、再発のリスクがあったり、かばっていた事で、膝以外に痛みがでてくることで、運動や生活に支障をきたすこともございます。

半月板損傷の方への当院のおすすめ治療|福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

急性期は、早く炎症を引かせるために、アイシングや、圧迫固定、テーピングを行います。

患部の回復のスピードに応じて、可動域訓練・筋力の増強・筋肉量のバランスの調節・関節の矯正を行います。

スポーツをされる方には、安心してスポーツが出来る様にテーピング療法を行いながら、早期復帰までのサポートをさせていただきます。

ハイボルト治療

ハイボルト治療機は、使用するモードを変更することで慢性期の疼痛緩和はもちろん、急性期の炎症の緩和・組織の早期再生を図ります。

鍼灸治療

急性期以降の、半月板損傷による可動域の制限や柔軟性の低下、患部の違和感などの治療として当院では、鍼灸治療をおすすめいたします。

ゼロ整体・楽トレ

痛みが軽減して、快適な日常生活に戻る方も、スポーツ復帰をして、パフォーマンスの向上を目指す方も、今後半月板損傷を再発させないために、柔軟性の向上・筋力の強化が必要になってきます。骨格、関節の歪み、柔軟性の低下に関しては『ゼロ整体』という当院独自の矯正、『楽トレ』という機械を用いてインナーマッスルのトレーニングを行い筋力の強化を行い、二度と再発しない身体作りを行っていきます。

 お身体の状態を確認していく上で日常生活指導として、自宅やどこでも出来るセルフストレッチやセルフトレーニングをお伝えし、問題なくスポーツやお仕事や家事が行えるようにステップを踏んで全力でサポートさせていただきます。

『半月板損傷』で、お困りの方はゼロスポ鍼灸・整骨院へお気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】 0926271053
  • LINE

診療時間

住所
〒812-0041
福岡県福岡市博多区吉塚2-3-4
リファレンス吉塚1F
アクセス
吉塚駅から徒歩5分
  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 美野島
  • LINE

診療時間

住所
〒812-0017
福岡県福岡市博多区美野島
2丁目26−26
  • 赤坂 けやき通り鍼灸・整骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒810-0042
福岡県福岡市中央区赤坂3丁目13−20
ファンファンビル 1F
  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 別府
  • LINE

診療時間

住所
〒814-0104
福岡県福岡市城南区別府
3丁目8−21