ゼロスポ鍼灸・整骨院の脊柱管狭窄症施術

  • 吉塚
  • 0926271053
  • LINE
  • 美野島
  • 0924746505
  • LINE
  • 赤坂けやき通り
  • 0927526363
  • LINE
  • 別府
  • 0928223132
  • LINE

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 太ももからふくらはぎや、すねにかけてしびれや痛みがある
  • しびれや痛みはしばらく歩くと強くなり、休むと楽になる
  • しばらく立っているだけで、しびれたり痛くなったりする
  • 前屈みになると、しびれや痛みは楽になる

上記のチェックに当てはまる項目が多い人ほど、腰部脊柱管狭窄症である可能性が高くなります。

ここで勘違いされやすいのが、腰痛は必ず起こるわけではないということです。

腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状が、脚のしびれや痛みで、太ももからふくらはぎやすねにかけて起こります。

また特徴的な症状が、腰部脊柱管狭窄症の約7割に起こる間欠性跛行(かんけつせいはこう)です。

歩いているうちに脚のしびれや痛みが強くなって歩けなくなり、前屈みになって少し休むと楽になって、また歩けるようになる・・・・といった症状を繰り返します。しばらくまっすぐ立っているだけで、しびれや痛みが起こることもあります。

では、なぜ腰部脊柱管狭窄症は起こるのでしょうか?|福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

背骨には神経の通り道となるトンネルのような役割をしている「脊柱管(せきちゅうかん)」というものがあります。長年の負担が積み重なった影響で脊柱管が変形して狭くなると、中を通る神経が圧迫されてさまざまな症状が現れます。

特に腰の部分で起きたものを「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」といい、腰から足にかけての痛みやしびれによって長時間歩くことが難しくなります。

また尿が出しにくくなる、尿を出し切れない感じが残るなどの症状によって生活に影響を与えることもあります。

脊柱管が狭くなる原因ははっきりとは分かっていませんが、長年に渡って腰に負担がかかる姿勢や動作を繰り返すことで、背骨や、背骨と背骨の間にある椎間板、骨と骨をつなぎ合わせる靭帯(じんたい)が変形して、脊柱管が狭くなってしまうため発症すると考えられています。

背骨がずれる腰椎すべり症や椎間板がずれる腰椎椎間板ヘルニアを伴って、腰部脊柱管狭窄症になることもあります。

腰椎椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多いようです。また背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、前に曲げると広がるので、間欠性跛行が起こるのです。

長い距離を歩けないと、お仕事や家事、お買い物もままならなく日常生活を送る上でもかなり不自由でしょう。

またその症状は圧迫されている神経の違いによって、「神経根(しんけいこん)症状」と「馬尾(ばび)症状」の2種類に分かれます。

どちらか一方だけでなく、両方の症状がみられることもあります。

〈神経根(しんけいこん)症状〉

足の痛みやしびれ、筋力の低下がみられます。片足のみのこともありますが、両足に症状が現れることもあります。

 〈馬尾(ばび)症状〉

陰部のしびれ、ほてりなどの異常な感覚が出現します。加えて、尿が出しにくくなる、尿を出し切れない感じが残る、便が出しにくいなどの膀胱直腸障害や、異常勃起などの性機能不全がみられます。

間欠性跛行は男女ともに中年期、高年期の方に多くみられます。
年齢のせいと放っておくと、自由に行動できなくなることで外出の機会も減り、家に閉じこもりがちになってしまったり、動くことがおっくうになり体力や筋力の低下を生じてしまうかもしれません。また、気分が滅入ってしまい、うつ症状の引き金になってしまったり、痴呆を早めてしまうことも考えられるのです。

どうすれば、脊柱管狭窄を進行させず、回復させ、また、再発予防できるのか?ということについてお話します。

具体的に、どうすればいいのか?

それは、姿勢・運動・食事・寝具です。

なぜなら、脊柱管狭窄症はあなたが日頃している日常生活に起因しているからです。

これらを怠ってしまうと症状の改善が見込めないばかりか、再発のリスクが考えられます。

◾︎対処法としては、まずは手術以外の保存療法で治療することが一般的です。しかし、足が麻痺して動かない、尿が出せないなど、重い症状がある場合はすぐに手術を行う場合もあります。

はじめに保存療法を行った人のうち、最終的に手術が必要となるのは20〜40%。保存療法のみで治療を行った人のうち、痛みが軽減する人は50〜70%といわれています。

保存療法には温熱療法や電気療法などがあり、筋肉の緊張を緩和し血流をよくすることで、痛みを和らげます。

手技療法も効果的で、マッサージで血流を促すことで変化を期待できます。

◾︎当院では、ゼロ整体というボキボキしない独自の整体メニューで背骨の柔軟性を上げて、適度にたわむ状態を作っていきます。

併せて骨盤を自然な位置に戻して肩甲骨と連動させることにより、背骨の自然なS字湾曲を取り戻します。もちろん、骨の変形そのものは変えられませんが、全身の筋肉や関節の噛み合わせを良くすることで関節の可動域が向上して腰部の負担を減らし、腰部脊柱管狭窄症の改善に繋がるのです。

さらに、鍼灸治療で全身の血流を促したり深部の硬くなった筋肉を緩めることも行い、圧迫された神経を解放するのに、背骨の土台となっていて骨盤を支えているインナーマッスルを寝たまま鍛えられる「楽トレ」をプラスすることで、自分ではなかなか鍛えられない深層の筋肉を刺激して鍛え、姿勢の改善に繋げます。

◾︎当院では、日常生活のアドバイスも行っております。

一番の予防法は腰に負担をかけないことです。腰部脊柱管狭窄症の予防には、腰に負担をかける姿勢や動作を避け、全身を適度に動かすことが大切です。

腰に負担をかける姿勢や動作を避ける過度な腰への負担は腰部脊柱管狭窄症を招くので避けましょう。

長時間のデスクワークで猫背の姿勢を続けると、椎間板に負担がかかりずれてしまいます。1時間に1回は立ち上がって歩くようにしましょう。

一方で、長時間の立ち仕事で腰を反らした姿勢を続けると、椎間板に負担がかかり猫背のときとは反対方向にずれてしまいます。また荷物を持ち上げるときは腰を曲げるのではなく、膝を曲げて腰を落としてから持ち上げるようにしましょう。

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 吉塚 0926271053
  • LINE

診療時間

住所
〒812-0041
福岡県福岡市博多区吉塚2-3-4
リファレンス吉塚1F
アクセス
吉塚駅から徒歩5分
  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 美野島
  • LINE

診療時間

住所
〒812-0017
福岡県福岡市博多区美野島
2丁目26−26
  • 赤坂 けやき通り鍼灸・整骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒810-0042
福岡県福岡市中央区赤坂3丁目13−20
ファンファンビル 1F
  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 別府
  • LINE

診療時間

住所
〒814-0104
福岡県福岡市城南区別府
3丁目8−21