ゼロスポ鍼灸・整骨院の四十肩施術

  • 吉塚
  • 0926271053
  • LINE
  • 美野島
  • 0924746505
  • LINE
  • 赤坂けやき通り
  • 0927526363
  • LINE
  • 別府
  • 0928223132
  • LINE

四十肩

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 電車でつり革を持とうとすると、肩が痛む
  • 肩の痛みがつらくて、着替えもスムーズにできない
  • 最近腕を上げようとしても上がりにくい

四十肩・五十肩とは?|福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

症状、原因、治療法について

このような不調ありませんか?

例えば…

  • 電車でつり革を持とうと腕を上げたとき

  • 髪を結ぼうと後ろで束ねるとき

  • 洗濯物を干そうとするとき

  • 洋服を着替えようとするとき

  • エプロンの紐を後ろで結ぼうとするとき

  • シャンプーで頭を洗おうとするとき

  • 歯を磨こうと腕を上げたとき

…などなど

四十肩・五十肩の症状|福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

五十肩は関節痛の一種です。中年以降、特に50歳代に多くみられ、その病態は多彩です。

年齢を重ねると肩の関節がスムーズに動かなくなることがあります。このような症状を、通称「四十肩」「五十肩」と呼びます。

関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周囲に組織に炎症が起きることが主な原因と考えられており、肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着するとさらに動きが悪くなります(拘縮または凍結肩)。

よく肩こりと混同されてしまいがちですが、肩こりは筋肉の緊張、自律神経の乱れなどから起こるもので、四十肩、五十肩とは明らかに違うものです。肩を動かした時に痛みが出たり、腕を後方に回せない、なかなか肩があげられないなどの症状がある場合、ひどくなる前の治療が重要になります。

四十肩、五十肩の原因は?|福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

五十肩の痛みの原因は、必ずしも痛いところに潜んでいるとは限りません。

五十肩の原因を見分けるポイントは、激痛に襲われる時間帯。朝方に痛みが出る人、昼間に痛みが出る人、夜中に痛みが出る人など、痛む時間帯によって原因が異なっている場合が多いのです。

早朝に痛みが出る場合は、肝臓、胆嚢、腎臓など、さまざまな内臓の機能低下。早朝と夜間の痛みがひどい場合は、胆石の可能性も考えられ、狭心症が原因となっているケースもあります。

朝起きた時にきつくなる場合は睡眠時の姿勢、仕事終わりにきつくなる場合は、仕事中の姿勢に問題があることもあります。

四十肩五十肩の病期とは?|福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

①疼痛期(数週間~数カ月)

特定の場所に炎症が起こり、いつの間にか痛みがじわじわと強まっていきます。

疼痛が最も強い時期です。運動時痛のほかに、安静時痛や夜間時痛も出現します。痛みにより可動域制限が生じることも。

②拘縮期(1週間~2週間)

激しい痛みは軽減しますが、肩関節が固まって動かしにくくなります。

疼痛は可動域の限界に近づいたときに生じるもの(Terminalpain)が中心で、この状態は数ヶ月~数年持続することがありますので、硬化改善を目的とした、鍼・マッサージ治療と肩関節・肘関節にアプローチする整体法を併用します。

③回復期(約1カ月)

硬化が徐々に改善し、疼痛や不快感も減少します。

痛みが和らぎ、痛みの範囲も肩の前面や側面など「ここが痛い」と特定できるようになります。ただ、この段階で油断すると、「②炎症期」に逆戻りして、②と③を半年から1年間繰り返す人もいるので、要注意です。また、発症以前のようには肩が動かせなかったりと後遺症が残る場合もあります。

 

④炎症完全沈静期(約1カ月)

上記のように4つも病期があるため、その病期に合わせた治療が必要となります!痛みが完全に消える状態。ただ、肩関節まわりの筋肉や滑膜と呼ばれる関節内を覆う組織が炎症の影響で固まっているため、肩の動かしにくさが残ります。

四十肩と肩こりの違いとは?

四十肩、五十肩と肩こりはどのように違うのでしょうか?簡単に説明すると肩こりは「筋肉疲労」、四十肩や五十肩は「炎症」の状態です。一般的な肩こりは筋肉の緊張による、血液循環の悪化が原因。習慣化した姿勢の悪さや、運動不足、ストレスにより筋肉疲労がおこり、張りや痛みを引き起こします。

一方、四十肩、五十肩は老化などにより、肩関節をとりまく関節包や腱板に炎症が起こる事で痛みが生じると言われています。その為年齢の若い方より、中年以降に発症する事が多いのです。肩こりと四十肩、五十肩では対処の仕方が異なる場合があります。誤った判断で痛みを悪化させることのないよう、正しい知識で適切な対処をすることがとても大切です。

四十肩・五十肩の治療法

はっきりとした原因がわかっていない四十肩、五十肩ですが、悪化させないためにも状態に合ったケアが必要です。

○運動療法

四十肩、五十肩の治療法としては、「運動療法」をを行います。肩関節が固まっていることが多い為、多少の痛みは生じますが、ストレッチや振り子運動で肩関節の緊張をほぐし、痛みの緩和と、関節の可動域を広げる事を目的とします。

○手技療法

運動療法と同様に、肩関節の固まりをとるために筋肉、組織を元のお体の状態に近づけるように筋肉、関節の柔軟性を獲得します。

○鍼灸治療

五十肩はWHO(世界保健機関)で定められている鍼灸適応疾患の一つです。

痛みを和らげること、可動域を広げることを主体に、遠隔のツボや、深い組織へ細い鍼を打つことで血流を良くします。

【効果】臓器やホルモンの調整・筋肉疲労・軟部組織・神経痛・打撲・捻挫・ストレス等心因性の痛みの緩和・自己治癒力など

○温熱療法

患部の血行を良くすることで、肩の治癒を促し痛みの緩和が期待できます。一般の医療機関で行う温熱療法は、ホットパックやマイクロ波といった機器を使った治療があります。

当院では、お灸を使って温めることで深部まで温まり、鎮痛緩和効果もあるため、ホットパック以上の効果が期待されます。

○寒冷療法四十肩、五十肩で痛みが激しく、熱を持っているような場合には、炎症を抑えるため「寒冷療法」を行います。ただ、長い時間冷やし続けてしまうと筋肉が硬くなるので、痛みが軽くなったら温湿布に切り替え血行を良くします。

○超音波療法

音の振動で筋肉や肩の組織の固まりを解消します。

肩関節への負担軽減・血行促進・筋肉の緊張緩和など幅広い効果が期待できます。

【効果】痛みの緩和、関節拘縮の緩和、治療促進、カルシウム沈着の再吸収など

予防、症状がある場合自宅ではどうしたら?

予防としては定期的な運動、ストレッチが不可欠です。肩の可動域は広く、日常生活レベルでは全可動域で動かすことはほぼありませんので、水泳や肩回しなどのケアが必要となります。

症状がある方は寝る際に、痛みがある方の肩を上にして横向きか仰向けで寝ましょう。

寝方を変えて痛みが収まっても再発する可能性がとても高いです。併せてしっかりと治療も行っていきましょう。

四十肩・五十肩でお悩みの方はゼロスポ鍼灸整骨院へ!

患者様のお身体の状態、生活環境等に合わせた治療をご提案させていただきます。

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】 0926271053
  • LINE

診療時間

住所
〒812-0041
福岡県福岡市博多区吉塚2-3-4
リファレンス吉塚1F
アクセス
吉塚駅から徒歩5分
  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 美野島
  • LINE

診療時間

住所
〒812-0017
福岡県福岡市博多区美野島
2丁目26−26
  • 赤坂 けやき通り鍼灸・整骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒810-0042
福岡県福岡市中央区赤坂3丁目13−20
ファンファンビル 1F
  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 別府
  • LINE

診療時間

住所
〒814-0104
福岡県福岡市城南区別府
3丁目8−21