ゼロスポ鍼灸・整骨院のシンスプリント施術

  • 吉塚
  • 0926271053
  • LINE
  • 美野島
  • 0924746505
  • LINE
  • 赤坂けやき通り
  • 0927526363
  • LINE
  • 別府
  • 0928223132
  • LINE

シンスプリント

こんな症状でお悩みではありませんか

  • すねの内側が痛む、押しても痛む
  • 走る時に痛みが出る
  • 走ったりジャンプしたりすることが多い
  • 運動中に特に痛みが強くなる

こういった症状があれば、シンスプリントかも?

シンスプリントとは?|福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

シンスプリントは主にすねの内側に痛みを伴います。使い過ぎによって起こる障害で、 ダッシュやジャンプを繰り返す、サッカー、バスケットボール、バレーボール、テニス、陸上競技によく見られる過労性の障害です(いわゆる使い過ぎ) 痛む場所はすねの内側で時には、赤く腫れたり、熱を持ったりして、押すと強い痛みを感じます。

硬くなった筋肉が骨の表面の骨膜を剥がそうと引っ張り生じた炎症で、そのまま無理に運動を続けると、治りが非常に遅くなる上、運動中だけでなく日常生活でも痛みを感じるようになってしまいます。

場合によっては疲労骨折などに悪化し、長期間運動を中止せざるを得なくなることもありますので、一刻も早く治療を始めることが大切です。

私たちの足の裏は、3つのアーチがあり、そのアーチによって地面からの衝撃を吸収しています。

しかし、誤った練習法や靴選び、姿勢によりアーチ機能が低下すると、アーチで衝撃が吸収できなくなります。

そのため、足の裏の筋肉を介してすねに負担がかかり、シンスプリントと呼ばれる症状が出始めます。 シンスプリントは別名過労性骨膜炎や脛骨内側部痛などと言う場合もあります。

シンスプリントの痛みの原因や仕組み |福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

シンスプリント発生のメカニズムには諸説あり、はっきりしたことは明らかになっていません。 運動などによって骨に力が加わる際に、骨に「微小なたわみ」が生じること、すねの骨の捻れ、アキレス腱のタイトネス(張り・硬さ)等も関与しているとされています。

シンスプリントの原因はひとつではなく、主な発生要因としては、次のようなものが挙げられます。

内的要因

オーバートレーニング(使いすぎ)

足の筋力不足や筋肉の柔軟性の低さ

負担のかかりやすい走り方、フォーム

衝撃を受けやすい足の形(扁平足、回内足)

外的要因

硬いグランドや路面でのランニング、トレーニング

かかとがすり減っているシューズやクッション性が薄いシューズを使っている

こういった要因をなるべく減らしてスポーツを行うことが予防としては重要になってきます。

疲労骨折との違い

シンスプリントとは腱膜の炎症なので、初期の段階ではレントゲンには写りません。レントゲンに写るということは、すでに悪化して、骨にも異常を来している証拠です。

また、シンスプリントと似ている疾患に「疲労骨折」があります。
長期間、すねの内側の筋肉だけに痛みがある場合には「疲労骨折」との鑑別が必要です。

疲労骨折も初期の段階では、レントゲンに写らないので、シンスプリントと区別するためには、MRI検査(T2脂肪抑制撮影)が有効です。

シンスプリントのセルフケア|福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

アイシング

アイシングは炎症に有効です。痛みがで始めた時、運動後に熱をもっているときは試してみて下さい。

テーピング・サポーター

テーピングやサポーターは患部にかかる負担を軽減します。しかしこれだけではシンスプリントの改善効果は期待できません。あくまでもサポートしているだけなので、しっかりとした治療が必要です。

練習プランの変更

部活が休みの日もランニングしたりダッシュ練習する人もいると思います。走るなとは言いません。 走る場合は、コンクリートの上など硬い地面で走るのは控えましょう。

土の上、芝生の上の方が負担が少なくすみます。一時的にエアロバイクやスイミングに変更する方が尚良いです。

扁平足の方は、足裏のアーチを改善させるためにも、足指じゃんけんや、足指を使ってタオルをたぐり寄せる『タオルギャザー』を行うことで、シンスプリントの発生を防ぐことが期待できます。

シンスプリントの治療 |福岡市 ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】

過労性障害となるため、スポーツ活動を制限し、患部を休める(保存治療)ことが必要です。

・症状の悪化を防ぐために、運動量を減らす ・痛みがひどい場合は炎症を抑制するためにアイシング

・足回り、股関節周りの柔軟性の獲得

・炎症や痛みに合わせて少しずつ運動負荷を上げて競技復帰を目指す

・スポーツ復帰の目安は、初期であれば2週間程度、重症であれば2~3か月後を目安にしています。再発しないように焦らずリハビリを行うことが重要です。

基本的には安静が大前提です。その後下腿の筋肉をしっかりほぐす事、さらに足関節や足底のアーチを整え再発予防をすることが重要です。

シンスプリントの原因は運動により、ふくらはぎの筋肉へ繰り返し負荷をかけることですので、まずは安静にしないと患部の炎症がおさまりません。そのうえで骨膜を引っ張っている固くなった筋肉をしっかりとほぐす必要があります。

また、足関節の歪みや足底のアーチのバランスが崩れていると、脛の内側の筋肉に負担がかかりやすく、再発のリスクが高い為、それらのバランスを整えることで再発を予防をします。

電気治療

症状改善にはハイボルト、楽トレなどの電気治療や鍼灸治療がよく効きます。非常に効果的なので間違いなくおすすめです。

定期的にスポーツをしている方は活動量も多く筋力も強いので、手技で治療する場合は週4回以上行うか、セルケアを徹底する必要があります。

しかし、最新の電気治療器を活用すれば週2回ペースでも十分に回復することができます。

シンスプリントはアーチ低下が原因と言いましたが、もともと偏平足や回内足だったりすることが多いです。過回内があると一歩ごとに足が内側にすねの筋肉を引きつらせます。

これは靴の見直しやインソールが必要となることもあります。 また、鍼や灸などの治療を並行して行うと、より早く確実に症状が改善します。 シンスプリントの症状にお悩みの方はお気軽に、当院へご相談ください!

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院【吉塚】 0926271053
  • LINE

診療時間

住所
〒812-0041
福岡県福岡市博多区吉塚2-3-4
リファレンス吉塚1F
アクセス
吉塚駅から徒歩5分
  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 美野島
  • LINE

診療時間

住所
〒812-0017
福岡県福岡市博多区美野島
2丁目26−26
  • 赤坂 けやき通り鍼灸・整骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒810-0042
福岡県福岡市中央区赤坂3丁目13−20
ファンファンビル 1F
  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 別府
  • LINE

診療時間

住所
〒814-0104
福岡県福岡市城南区別府
3丁目8−21